基礎から学ぶ認知行動療法

 

認知行動療法(以下CBT)は多くの心療内科や精神科で実施されている保険点数化された心理療法です。この療法は医療だけでなく「考え(認知)」と行動の両面からの働きかけによって自分自身をコントロールする力を高めますから,社会生活上の様々な問題の解決に有効です。しかし現在,実際にCBTを実施できるカウンセラーは少なく,また中部地方でCBTを学べる場所が少ないことも事実です。

このような現状を鑑み,当研究会では基礎から学べるCBT講座を不定期に開催しています。今までに参加された方たちの多くは、基本的なCBTを使ってカウンセリングができるまで成長されています。

カウンセラーとしての仕事の質や量を高めたい思っておられる方,カウンセラースキルを向上したいと思われている方にとって,とても役に立つ内容だと自負しています。受講される方には実践できるまで学習していただきたいと思っているので,限られた募集人数で申し訳ありません。

(休憩時間のお茶とお菓子も好評です。)

8966713fd4e21810cd1a9f3d5651643f.jpeg
✨臨床心理士対象 基礎から学ぶ認知行動療法

◆第1回日時 内容 CBTを使えるようになりたい心理士のための基礎の基礎

   12月6日月曜日 10時〜13時 

◆第2回〜第4回 ベックの認知療法を実際に使えるようになろう
 第2回 5月21日(土)16時〜18時  終了

 第3回 6月18日  (土)16時〜18時

 第4回 7月16日  (土)16時〜18時

※第2回からの参加を希望される方は、第1回目をZOOMで受講いただいた上で参加いただくことができます。

◆  内容 レクチャー/ワーク/ 質疑応答

◆  参加料  第1回 3,000円 第2回以降 2,000円  

◆  募集人数  6名 (残1)

◆ 参加条件 以下の二つの条件を満たす方

① CBTを学びたいと思っている臨床心理士

② なんらかの臨床の現場に関わっている臨床心理士

CBT 3.21-2 .png
CBT 3.21-1  2.png

資料をクリックすると、PDFでダウンロードできます