代表 安田英和
   YASUDA Hidekazu

 平成28年4月に働く・学ぶ人を広く支援する目的で、「ワイズヒューマンサポート研究所」を開所しました。

   私は長年にわたり、愛知県の県立高校で教員・管理職を、また県教育委員会で行政職などを歴任してきました。

この間、多くの皆様のご支援・ご協力をいただいて、学校教育あるいは社会教育の発展・振興に微力ながら努めてまいりました。

    今後は、民間の研究所として、これまでの経験と実績を活かし、教育支援事業、家族支援事業、文化支援事業、教育と心理に関する研究事業を進めてまいります。とりわけ、人間がこれまでの歴史の中で培ってきた知恵を賢く(wise)活かすとともに、人を大切にする人間的な(human)支援を目指して、一つ一つの事業を地道に立ち上げ、働く・学ぶ人を応援していきたいと考えています。本研究所の趣旨をご理解の上、今後、実施してまいりますさまざまな事業に積極的にご参加いただいたり、また本研究所の活動にご意見をいただければ幸いでございます。今後ともよろしくお願いします。 

 

 名古屋大学教育学部卒 

 名古屋大学非常勤講師(教育学)株式会社名古屋EAPセンター顧問

 職歴:愛知県立高等学校教員 愛知県教育委員会,愛知県県立高等学校校長(東海南・日進西・昭和・明和),
    愛知県美浜青少年自然の家館長,星城高等学校校長等 を経て現職   
 資格:キャリア・コンサルタント  家族相談士 アンガーマネジメントファシリテーター 叱り方トレーナー 他

 主任研究員・カウンセラー 
  安田淑恵
   YASUDA Yoshie

臨床心理士・キャリアカウンセラー・産業カウンセラー保育士

企業の秘書・企画職及び管理職を経て,現在(株)名古屋EAPセンター代表

働く人のメンタルヘルスとコミュニケーションを中心に,臨床と研究に取り組んでいる。

名古屋大学大学院教育発達科学博士前期課程修了・博士後期課程満期退学

​学位:修士(臨床心理学)

専門:産業組織心理学 働く人のメンタルヘルスとコミュニケーション

 研究チーム
 

当研究所では研究者や臨床家がそれぞれの立場から社会を良くしようと,様々な議論・研究を行っています。現在は下記のようなチームまたは個人が活躍しています

✳️理臨床研究チーム
 *認知行動療法(CBT)の研究者と臨床家で構成している「CBT研究チーム」 
 *家族心理学を学び臨床活動をしている「家族臨床支援研究チーム」

✳️研究と現場の連携を考える研究チーム

 *産業分野における管理職経験者で構成させている「産業と臨床専門職の連携を考える

  研究チーム」

 *心理学の知見を現場に生かして社会支援をしたいと考えている「研究者チーム」

 
​カウンセラーチーム

カウンセリングを担当するのは,研究チームメンバーでもある臨床心理士・家族相談士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラーです。
​ご相談内容に応じてその分野に詳しいスタッフが対応します。

​専門協力者

​主催研修はそれぞれの分野の専門家とコラボしています

✳️ 認知行動療法研修会    村松由美(臨床心理士) 名古屋CBT研究会スタッフ

✳️魅力のトライアングルアプローチ 村瀬寛美(アナウンサー)冨田智江(スタイリスト)

✳️茶懐石を楽しむ会     日本料理須田 松華堂

✳️ドイツ紅茶を楽しむ会   ラ・ティエール

 

© 2016  wise human support lab.created