繊細さん(HSP)のためのワークショップ

 

 

 生まれつき非常に感受性が強く繊細な気質をもつ「HSP(エイチ・エス・ピー」
 HSPは生まれ持った性質であり、5人に1人があてはまるといわれれています。

感受性の豊かさ、優しさはかけがえのない長所ではあるのですが、その繊細さゆえ生きづらさを感じたり、周りのことを気にしすぎて本来の力を発揮できないこともあるでしょう。

 HSPは病気ではありません。病院で治療するものではなく、ご自分の特性や気質の理解を深め「生きづらさ」に対する対処法を知ることが一番の「治療」となります。

 このワークショップでは、同じ感覚や悩みを抱く人たちとの安全な場の中で、貴方が自分を受け入れ、その長所や個性を生かせるようになることをサポートしていきます。

花の花瓶

9月3日(金曜日)4日(土曜日)から、神戸三宮にて「繊細さん(HSPさん)のためのワークショップ」を予定しています。

今回は「ビジネスマンとビジネスウーマン」と「大学生・専門学校生」に分かれて、同じ悩みを持つ同世代の方の中で、HSPの当事者であるファシリテーターと臨床心理士(公認心理師)が講師となり、皆様が毎日が楽しいと感じてもらえるようになるよう、サポートいたします。​

​現在、受付準備中です

HSPさん for W.jpg
HSPさん for S.jpg

HSPとは、アメリカの心理学者であるエレイン・N.アーロン博士が1996年に提唱した言葉である「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の頭文字から「HSP(エイチ・エス・ピー)」とよばれています。日本では最近「繊細さん」という名称でよばれることも多くなってきました。

アーロン博士によるとHSPには、「ものごとを深く考える」、「刺激を受けやすい」、「感情の面で反応しやすく共感しやすい」、「かすかな刺激に対する感受性が強い」という4つの特徴があり、アーロン博士は、この4つの特徴全てに当てはまる人をHSPであると定義しています。HSPの割合は全人口の15~20%と言われているため、約5人に1人がHSPであると考えられています。

HSPの人はHSPでない人たちとの差に自己嫌悪を感じたり、まわりに合わせようと無理をして過剰適応してしまったりと、生きづらさを感じることも多いようです。